専門的な受験対策には美術予備校を利用しよう

男女

知ってると得するルール

原稿用紙

知ってると得するルール

受験や面接など、最近は様々な審査において利用される小論文ですが、その書き出しからポイントとなるルールが存在します。そのルールに基づいて小論文の書き出しをしていくことが非常にまとまりやすい文章の作成に影響してきます。小論文は大きく二つのテーマに分かれそれによって書き出しも決まってきます。まず一つは書かせようとする論文のテーマや趣旨がはっきりとわかるものです。例えばある特定の携帯アプリがとても人気な理由を書いてくださいなど具体的に対象物がはっきりしている場合は、その結論をまず書く必要があります。私はこう思うなどはっきりとした主語を用いて最初に結論づけた回答を書き、そして次の段落から根拠や裏付けとなる体験や情報をまとめたものを書き、最後に再度結論を強調づける形で終わるように構成していきます。逆にテーマが漠然としているものについては問題提起、つまりこの小論文で何を表現したいのかの方向性を書き出しに使うことが必要になります。こうしたものはある程度型枠にはめてしまうことで誰でもできるようになるものですので、事前に知っておくだけでかなり楽に小論文の作成ができます。もちろん語彙や、文章作成の能力やセンスによって差が出るのは言うまでもありませんが、押さえておくべきポイントやルールは変わらないので、まずは書き出しから文章を構成するパターンをよく頭に入れておくことです。構成がイメージできれば、あとは反復することで自ずと文面にまとまりが見えてきます。