専門的な受験対策には美術予備校を利用しよう

男女

構成の仕方

婦人

4つのパートに分類します

小論文は4つのパートに分けて考えると、スムーズな構成になります。第1パートは、YESもしくはNOで述べられる問題を提起します。そして、その問題に関して、自分自身の主張はYESなのかNOかをはっきりと述べます。この場合、あやふやに述べてはいけません。YESかNOでの提示を設定しにくい小論文の場合は、第1パートに結論を述べます。書き出しで、明確に主張を述べることが大事です。第2パートは、自分自身の考えの根拠となるファクトをいくつか書きます。根拠に基づいた具体的な数字をリストアップすると、説得力が高まります。第3パートは、第1パートと第2パートで述べた主張に対して、反対意見を挙げて、それに対しての反論を行います。他人のロジックの疑問点に異議を唱えた上で、自分の考えを述べるという構成にすることで、さまざまな観点を示すことになります。このような文章構成にするには、事前に、問題になりそうな出来事の見通しを立てたうえで、反対の考えを、根拠をもとに覚えておくことが大切です。第4パートでは、結論を述べます。問題によっては、具体策を提示したり、制度そのものの変更を提唱することも可能です。小論文を書くためには、日常から新聞や週刊誌などの記事をチェックしておくことが効果的です。さまざまな専門家の意見や社説など、多くの考えにアンテナを立てておくことや、色々な方向から事柄を検証できることが小論文では重要です。