専門的な受験対策には美術予備校を利用しよう

ウーマン
原稿用紙

知ってると得するルール

小論文の書き出しで迷う人は知っておくべきルールを知らないと思われます。書き出しに使われる二つのパターンを認識し、文章を構成する能力を高めておくことで自然に書きたいもののイメージができるようになります。

美大に合格するためには

勉強する人達

美術予備校は、美大に合格するための基礎的なデッサンを教えているところです。ほとんどの美大や芸術大学では、入試の段階で高いレベルのデッサン力や着彩力、空間把握力を必要としています。このような能力をはかるため、学科試験に加えて実技試験が設けられています。美術予備校に行かずに美大に合格できる人はごく一部の天才だけと考えていいでしょう。ほとんどの人は、合格するためには美術予備校を利用する必要があります。とはいえ、時代は変わってきており、美術の分野でも新たな形のアートに携わる人材が求められるようになってきました。そのような状況では、昔ながらの石膏デッサンができることよりも、一つの新しいアイデアを出せる人材である方が強みであることもあります。特にこうした傾向は新しい美大や専門学校で顕著であり、そうしたところでは実技試験を行わずに試験を行っているところもあります。ですが、大手の有名美大や芸大に行きたいのならば、やはり基本的な力は非常に重要です。また、少しでもアートに携わるのならば、基礎的なデッサン力などはつけて損のない力といえます。こうした基礎的な力をつけるためには美術予備校が最もよい場といえます。美術予備校は、親を説得する場としても有効に働きます。美大は医大の次にお金がかかる学校といわれています。それでいて、就職先はあまり多くありません。親が進学に難色を示すこともありえます。そんなとき、美術予備校の説明会に親と行くと、今後の見通しや美大受験の意義などを伝えてくれるため、受験させてもらいやすくなります。

婦人

構成の仕方

小論文を書く場合、4つのパートに分けて考えることがポイントです。第1パートは、YESかNOを述べられる主張を提起します。第2パートは、主張の根拠となるファクトを挙げます。第3パートは、反対意見を提示し、その反論を行い、第4パートで結論を述べます。

女の人

難関校を突破するために

各大学の医学部は最難関になっていることがほとんどであり、受験を突破するためには、十分な学力を持っておく必要があります。その学力をつけるための方法としては、医学部向けの予備校に通うことで、無理なく実力を養うことができるだけでなく、同じ目標を持った仲間と切磋琢磨することができます。